1. トップページ
  2. コラム
  3. 悪徳業者に騙されない、安心安全なチャットレディの選び方
2019.02.27 更新

悪徳業者に騙されない、安心安全なチャットレディの選び方

0378712fe471ce03b3c42ae83a14d41a
  1. チャットレディは危険なお仕事?
  2. 安全とは言い切れない
  3. リスクは最小限に抑えられる
  4. 身バレや顔バレを防ぐ対策
  5. 身バレ対策に有効な方法!
  6. 顔バレ対策に有効な方法!
  7. 確定申告についても知っておこう
  8. チャットレディの収入と税金
  9. 確定申告の書類と手続きについて

チャットレディは危険なお仕事?

安全とは言い切れない

チャットレディの仕事はそれ自体が危険なものではありません。

しかし、危険性があるのは事実であるため、やってみようかと思っている人は危険性を理解しておく必要があります。

どのような危険性があり、どうすればリスクを回避できるのか知っておかないと働き始めてから、こんなつもりではなかったとなってしまうことがあるので注意をしましょう。

悪質な業者が存在する

チャットレディの仕事が登場してからそれほど時間はたっていないため、有象無象の業者が存在していることは否定できません。

チャットレディの特性上裏には暴力団のような組織が絡んでいることもあり、業者として健全でないところも決して少なくありません。

そのような中には働く女性に対しても無理難題を押し付けたりすることもあり、悪徳業者に引っかかってしまうリスクが存在する以上、絶対に安心とは言い切れないのです。

嫌がることを強要しなくても、給料を不払いのまま業者が夜逃げしてしまったということもあり、悪徳業者によって被害に遭うケースは珍しい話では無いことを覚えておきましょう。

身バレするリスク

これは人によってリスクと捉えるかそうでないか変わってきますが、身バレしてしまうリスクは無視できません。

秘密でチャットレディの仕事をしたいと思っている人からすればバレてしまうのはかなり大きなリスクとなり、働いていることを知られても構わないと考えている人でも身バレするのは危険なものです。

何かのはずみで自分がどこの誰かわかった途端に、ストーカーの被害に遭ってしまうという恐れもあり、身バレをしたときのことを考えるとチャットレディの仕事は危険性があると言えます。

アダルト関連のチャットレディに手を出す場合には、尚更危険が高まりますから身バレをすることの危険性はしっかり頭に入れて置かなければなりません。

リスクは最小限に抑えられる

チャットレディは絶対に安全な仕事と言い切ることはできませんが、できる限り安全に働くことは可能です。

実際にチャットレディの仕事をしている人で危険な目にあったという人は多くありませんから、確率的に言えば安全のほうが上回っています。

それだけに十分に注意をして、余計なリスクを背負い込まないように仕事をすれば危険とまではならないのです。

優良業者を選ぶ

チャットレディの仕事が危険な理由としては悪徳業者が多いことが挙げられますが、逆に言えば業者選びをしっかりしておけば、それだけでリスクは大幅に軽減することができます。

特に最近は誰もが名前を知るような有名企業もチャット事業に参入をしてきているだけに、そのような業者であれば嫌なことを強要されたり、不払いのリスクを心配することはなくなります。

有名企業でなくても実際に働いている人の口コミを参考にして、優良と思われる業者を選んでおけば、最低限業者に関するリスクは抑えることができるのです。

会話の内容や周辺環境に注意する

チャットレディの仕事自体は、PCの前で話をするだけですから直接的な危険性はありません。

危険なのは個人を特定されてしまったり、自ら個人情報を漏らしてしまったりすることなのでその点を注意していれば、安全性は高まることになります。

やってしまいがちなのはポロッと個人を特定できるような情報を会話の中で漏らしてしまったり、あるいは自宅環境で仕事をしていたために身の回りのものや外部の音声などからバレてしまうというものです。

つまり、この辺りに気を使っていれば身バレしてしまう可能性は低くなり、それに伴うリスクも避けられるということになります。

アダルト関連は利用しない

安全にチャットレディの仕事をしたいのであれば、アダルト関連の仕事はもちろんアダルト関連がある業者自体避けるのが一番です。

やはり、アダルト関連はリスクが大きく安全とは言い切れないものです。

それだけにいくら稼ぎが良いからと言っても、安全を重視するのであれば手を出すべきではありません。

アダルト関連がある業者を避けるのは設定があると本人が望まなくても強制される恐れがありますから、それならば最初からない業者であれば少なくとも脱いだりすることを強制されないので最悪の事態を防げるためです。

身バレや顔バレを防ぐ対策

身バレ対策に有効な方法!

チャットレディをしてお金を稼ぎたいけど、ネット配信して身バレや顔バレするのが不安という方はよくいらっしゃいます。

友人や家族、会社の同僚に知られてしまうと、現実の生活に支障をきたしてしまう恐れがあり躊躇しがちです。

ですが自分で対策を練って実行するだけで、そのリスクは大幅に減少さることができます。

残念ながら不意の事故などを考慮すると100パーセント確実に防げるわけではありませんが、一般的なことに関しては、ほとんど防げるため安全にチャットレディの仕事をすることができます。

特定されることを黙っておく!

お客の男性はさまざまな手法を用いて、女性の個人情報を得ようとしてきます。

個人的な連絡先をしつこく尋ねたり、周辺地域のことを詳しく聞いてきて住んでいる場所を特定しようとしたりと、色々な手を使って特定しようとしてきます。

個人情報を聞いて特定しようとしてくる理由は、プライベートで会って直接コミュニケーションを図りたいという理由が多いです。

特定されるような情報をうっかり話してしまうと、最悪の場合おしかけてこられストーカー被害にまで発展する恐れもあるので細心の注意が必要です。

自分のミスで何かあってもサイト側が責任を取ってくれない場合も多いため、個人情報はしっかり守ることが求められます。

カメラの位置には気を付ける!

チャットレディの仕事をこなしていくうえで、個人の特定につながることを話していなくても身バレするケースがあります。

主な原因は偶然カメラに場所や個人を特定するものが映ってしまうことです。

有名なタワーなどの特徴的な建物やお店の看板などがカメラにとらえられると、そういった少ない情報からでも住んでいるところを特定される恐れがあります。

また住所の書いてある書類を放置していると、カメラに映ってしまう可能性も考えられます。

配信の前には個人の特定につながるものがないか確認し、整理整頓を心がけましょう。

キャラを設定して自分を偽る!

チャットレディはその性質上、マイクを使って話す必要が多くあります。

声というものは変えることが難しく、普段と同じ振る舞いをしていた場合、知人や家族などに感づかれる可能性があります。

そのためチャットレディの仕事をしている最中は、いつもの自分を偽って仕事中の自分を作り、普段とは全く違う振る舞いを心がけることで感づかれるリスクは大きく下げられます。

顔バレ対策に有効な方法!

チャットレディは自分の映像を配信するため、自分の顔を出しているとそこから特定につながることがあります。

知っている人が見れば分かってしまうため、対策をとる必要が出てきます。

待機中は顔を目立たせないでおく!

お客の男性が自分のライブチャットに来るまでは、自分の待機中の映像を配信して待つ時間があります。

この時顔を出さずに、マスクをつけたり顔の鼻よりしただけを映したりします。

顔を見せなくとも、体を使ってアピールすることでお客をつかむことができるため、バレにくさと合わせて一石二鳥です。

サムネイルの画像にも気を付ける!

お客の男性は、サムネイルであるトップの画像を見て、その女性のところを見に行くかどうか判断します。

そのためサムネイルに設定している画像は多く人の目に触れます。

目につく機会が多いということは、特定される機会が増えることにつながります。

そのまま自分の顔を載せるのではなく、口元と胸だけを写したり、手や髪などで顔の一部を隠したり、角度を変えたりなどをして顔を特定されないように対策します。

メイクを変えて別の自分を演出!

上述した普段と違うキャラ設定をするのと同じように、普段とはまったく違う外見をして、いつもの自分に関連付けられないように対策します。

普段よりも派手なメイクを施したり、カラコンをつけたりしてイメージをガラっと変えておきます。

ほくろは個人の特定に関連付けられることが多いため、メイクで目立たなくすることや、逆に付け加えることで誤魔化すことができます。

メイクだけでなく、ウィッグを付けたり、コスプレや色っぽい衣装を身に着けたりして装飾にも変化を加えるとより効果的です。

確定申告についても知っておこう

チャットレディの収入と税金

チャットレディと会社は業務請負契約でつながっています。

安全なシステムの中で稼ぐことができるチャットレディは、立派な個人事業主です。

個人事業主なので収入に応じて確定申告が必要になることもあります。

確定申告が必要なのに申告をしないとペナルティがあるので注意が必要です。

確定申告が必要になる収入とは

チャットレディの仕事だけをして収入を得ている場合は、1年間のチャット収入が38万円以上になると確定申告が必要になります。

本業があり副業でチャットレディの仕事をしている場合は、1年間のチャット収入が20万円以上になった場合に確定申告が必要です。

確定申告の期限と所得について

確定申告は2月16日から3月15日までに行います。

1月1日から12月31日までに得た収入から必要経費と控除を引いた額が所得になります。

チャット収入は1年間の間に得たチャット報酬の総額です。

経費はチャットレディの業務を行うためにかかった費用になります。

基礎控除はチャットレディの収入だけなら38万円です。

会社員として働いている場合は源泉徴収があり、必要な手続きはすべて会社がやってくれます。

チャットレディの場合は源泉徴収がないので、一定額以上収入がある場合は自分で所得を申告して所得税を納めます。

青色申告と白色申告の違い

確定申告には青色申告と白色申告があります。

白色申告は初心者向けの方法です。

青色申告に比べると手間がかからないというメリットがあります。

昔は帳簿をつける義務がなく簡単に済ますことができましたが、現在は白色申告であっても帳簿の作成義務が生じます。

そのため簡易簿記で作成できる10万円控除の青色申告を選択する人も増えています。

簡易簿記とは収入としていくら振り込まれたのか、どのくらい経費がかかったのかを記入したものです。

家計簿と同じようなもので、手書きで作成する人もいればパソコンソフトで作成する人もいます。

65万円控除が可能な青色控除は、複式簿記で作成するので簿記の知識が必要です。

確定申告の書類と手続きについて

確定申告を行うには、まず収入と経費の計算をする必要があります。

チャットレディの場合は、1年間のチャット収入を確認します。

仕事をしている会社にもよりますが、在宅業務の場合は銀行振込が多いので通帳を見れば確認できます。

チャットレディの業務を行うために購入したものがあれば、経費として計上することが可能です。

購入する場合は必ずレシートか領収書をもらっておきます。

レシートや領収書があれば、いつ何を購入したかが証明できます。

仕事で使うものは経費にできる

チャットレディの場合はパソコンやWEBカメラ、ヘッドセットは経費にできます。

通信費やライブチャット用の照明器具も経費になります。

どこまで経費として認められるか判断が難しいケースもありますが、チャットレディの業務に必要だと説明できるようにしておくことが大事です。

確定申告の書類を入手して作成

申告書類は国税庁や税務署のホームページから入手することができます。

チャットレディの収入が少ない場合は雑所得として申告を行い、特に帳簿付けの必要はないです。

収入が多い人の中には本業の収入を超える人もいます。

そのような場合は事業所得として認められることもあります。

事業所得として申告を行う場合は、帳簿付けが必要です。

帳簿というのは所得を計算するためのもので提出はしませんが、5年から7年の保管が必要になります。

作成が終了したら書類を提出して所得税を納付します。

確定した所得税は確定申告の期限と同じ3月15日までに納付します。

書類の作成が面倒でも必ず申告

個人事業主にとって確定申告の時期は大変です。

申告には手間がかかり面倒だと感じている人も多いですが、申告が必要なのに申告をしなかった場合は調査で発覚したときにペナルティとして無申告加算税や延滞税が課せられます。

悪質な所得隠しだと判断されると重加算税もプラスされるので、手間がかかっても必ず申告することが大切です。

★最大時給4,200円
★完全ノンアダルトだから脱がずにOK
★登録後ミッションクリアで70,000円

★最大時給7,200円
通話やメールだけでも稼げる
顔出し無しでもOK

注目求人

総合人気ランキング

人気コラム