1. トップページ
  2. コラム
  3. チャットレディの仕事内容。身バレなどの危険性やデメリットは?
2019.02.21 更新

チャットレディの仕事内容。身バレなどの危険性やデメリットは?

3d1b160478dd0a4a9aa73aac1e9deb5c
  1. チャットレディの仕事内容
  2. チャットレディの仕事内容とは?
  3. チャットレディの働き方とは?
  4. チャットレディに起こり得る危険
  5. チャットレディは危険もある
  6. 個人が特定される危険
  7. 自分の身は自分で守ろう
  8. 自分を守れるのは自分だけ
  9. 自衛の手段を知っておく

チャットレディの仕事内容

チャットレディの仕事内容とは?

チャットレディとは?基本的な業務内容

効率よく稼ぎたい、安全にストレスが少なく稼ぎたいと考えている女性に近年注目を集めているチャットレディとは、TV電話の様にライブチャットサイト上において、WEBカメラやスマートフォンなどを利用して映像を映しながら男性とチャットして楽しく話をする女性専用の業務になります。

この仕事は基本的に成功報酬になる為に効率よく働くためには自分が働きたい時間帯の待機時間を短くして、可能な限り長時間男性とチャットして会話している時間を増やすことなのです。

特に難しい操作があるわけでも無いために、パソコン操作が苦手であっても安心して働けます。

この仕事の魅力の一つには自分の空いた時間に自由に働くことが出来る点にあります。

働きたい日にちや時間を選んで在宅型や通勤型など働く環境も自分のライフスタイルに合わせて選ぶ事も出来ます。

一般的なアルバイトなどの時給よりも高い報酬設定がなされているために、何かと忙しい女性でも自分の空いた隙間時間を利用して効率よく稼ぐ事が出来る魅力があるのです。

フロアレディとの違いは?その魅力は?

登録する会社によって報酬体系に違いはありますが、時給換算すると3,000円~5,000円程度になるケースが多く、一般的なアルバイトなどよりは時給が高く、フロアレディにもひけを取らない稼ぎを期待できる仕事でもあります。

フロアレディとの違いとして一番に挙げられることは、男性会員と直接会って接客する必要が無いことがあります。

直接会わないと言う事は、気になるボディタッチをされる心配もありませんしお酒を飲まされる事もありません。

チャットで楽しく会話するスキルを持つことは必要になりますが、ノルマや罰金も無いために安心して働くことが出来るのです。

フロアレディであれば、お店に出勤するための衣装やメイク、ヘアセットなど自分自身に投資をしなければいけない金額も増えてしまいます。

その点チャットレディは余計な経費や時間をかける必要も無く、自分の空いた時間帯で効率よく働くことが出来る魅力があるのです。

チャットレディの働き方とは?

在宅型と通勤型を選べる

チャットレディは事務所のチャットルームに出勤してその個室で男性登録者とコミュケーションを取る通勤型と在宅に必要な機材を設置して自分の空いている時間に自分の家でチャットを行う事が出来る在宅型の2種類から働き方を選ぶ事が出来ます。

通勤型ではパソコンやWEBカメラなどの業務に必要な機材が設置されている個室が準備されており、サイトにログインすれば男性会員からの申込を受けてチャットを開始できます。

リラックスして働ける様な家具や環境が整えられている部屋も多く、話が盛り上がって夜遅くなってもそのまま泊まれるサービスもある為、安全に安心して働けるのです。

在宅型の働き方としては、インターネットが常時接続できる環境であれば簡単に始めることができます。

在宅型の大きな魅力としては通勤時間の移動負担が一切無く、さらに自分のちょっとした空き時間も有効に活用してログインすることが可能です。

自分のライフスタイルに合わせて24時間いつでも時間を有効に使えるために効率よく稼ぐ事ができます。

安心して働くためには?

チャットレディは登録男性に直接接客する必要が無いために、フロアレディのようなストレスやリスクを回避して働くことが可能です。

とはいえ、利用している男性と楽しく会話するスキルが必要になるために、コミュニケーション能力を高めることが重要です。

登録会社によっては24時間365日サポート体制を取っており、困った時には直ぐに相談できる環境が整っています。

歩合制になるこの仕事だからこそ、サポート体制が充実している会社を選ぶ事が大切になるのです。

さらに効率よく稼ぐためには可能な限り待機時間を短くする必要があります。

自分の空いた時間に事務所に行ってもチャットルームが埋まっていると直ぐに働くことが出来ません。

チャットルームの数や設備が充実しており、男性の登録会員が多い会社を選ぶことで、自分の空き時間を有効活用して待機時間も少なく、多くの男性登録者とチャットが出来る実績を積み上げることが出来るのです。

チャットレディに起こり得る危険

チャットレディは危険もある

チャットレディの仕事は高収入が魅力ですが、そればかりに目をとらわれてはいけません。

危険もある仕事なので、どのような危険があるのか理解しておかないと大変な目に遭うので注意しておきましょう。

気をつけるべきポイントを抑えておけば、それほど危険があるわけではないので危険性については十分に理解をしておきたいところです。

危険な業者が存在する

チャットレディを始めるにあたって最初に気をつけておきたいことは、危険な業者も存在するということです。

最近は大手企業も続々と参入をしてきたので、安全性もずいぶん高まりましたが、その一方で怪しい業者も数多くいます。

仕事の内容からどうしても悪質な業者が出てきやすいだけに、注意をしなければなりません。

悪徳業者に引っかかってしまうと、ノンアダルトという話だったのにアダルトを無理強いさせられてしまったり、給料が支払われずに逃げられてしまうこともあります。

個人情報の管理が甘いとそこから個人情報が漏れてしまうこともあるので、業者選びのリスクは頭に入れておくようにしましょう。

チャットレディには偏見がある

新しく登場したばかりの仕事であり、アダルト関連の内容も少なくないことから、チャットレディの仕事は偏見があるという問題があります。

働いている間はそれほど問題がなくても、履歴書に書くことができる仕事ではありませんから、将来的にチャットレディをしていたことがマイナスに働く可能性も否定できません。

健全な仕事であったとても偏見を持っている人に伝えるのは難しいものがあり、誤解を招かれてしまう危険があります。

チャットレディをするのであれば、偏見の目で見られる危険性は忘れてはなりません。

個人が特定される危険

チャットレディを初めて現実的に起こり得る危険というのは、個人が特定されるものがあります。

特定をされただけでどうにかなるわけではありませんが、様々なトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いだけに、個人が特定される危険を理解しておくようにしましょう。

知人にバレてしまう

特に副業としてチャットレディをする時に起こりやすい危険なのですが、知人にバレてしまうというものがあります。

女性は自分の姿をさらさなければなりませんが、相手の男性は晒す必要はありません。

そのため、どのような相手とチャットをしているのかわからず、運悪く知人にあたってしまうことも可能性としてなくはありません。

それがあまり仲の良くない同僚であれば、職場に密告をされてしまったり、それとわかるように噂を広められてしまうこともあります。

そうなってしまうと本業がしづらくなってしまう危険性があり注意が必要です。

ストーカー被害に遭う

在宅でチャットレディをするときには、何かの拍子に住所がバレてしまってストーカー被害に発展してしまうこともあります。

直接男性と対峙しないのがメリットの仕事ですが、個人を特定されてしまえば実際に会いたいと考える男性が家まで押しかけてこないとも限りません。

家がバレてしまう理由としては、窓の外に見える景色からわかってしまったり、近所で行われている街頭演説や列車の音などからたまたま似たような地域に住んでいる人が相手だと特定をできてしまうということがあります。

近所に住んでいる相手だけにストーカー化しやすいところがあり、確率は低いものの危険性としては最も高いものだと言えます。

映像が残る危険

個人が特定されてしまったからと言って、すぐになにか問題が起きるとは限りませんが、チャットレディの仕事は映像が残る恐れがあるのであとになってから問題が発生することもあります。

その時には問題がなくてもチャットレディを辞めたあとに、誰かが映像を記録していて動画サイトなどにアップをしたことから、あとになって周囲に知られてしまうこともないわけではありません。

アダルト関連の仕事をしていた場合、このような流出があると致命的なダメージを受けてしまうことがありますから、映像が誰かに保存されて後々拡散される危険性も認識していおきましょう。

自分の身は自分で守ろう

自分を守れるのは自分だけ

チャットレディの仕事は時に危険な目に遭う可能性があるだけに、事前に対策を立てておくことが大切です。

なにか困ったことがあった時に誰かが助けてくれるわけではないので、自分の身は自分で守らなければなりません。

危ない目にあってからどうにかしようとしてもなかなかうまくいくものではありませんから、最初から危ない目にあわないように気をつけることが大切です。

業者は助けてくれない

本来であればチャットレディを守る立場の業者ですが、必ずしもいざという時に頼りになるとは限りません。

むしろ、悪徳業者に引っかかってしまうと業者に危険な目に合わされてしまうこともあるので注意しましょう。

悪徳業者はアダルトを強要してきたりすることもあり、予め業者の評判を確かめて置かなければ、守ってくれるはずの存在に傷つけられてしまいます。

また、そのようなことがなかったとしても、個人を特定され利用者から迷惑をかけられるようなことがあったときに助けてくれないこともありますから、何かあったときには業者が助けてくれるとは思わず自衛に努めるようにしましょう。

警察も頼りにならない

怖い目にあった時に助けてくれる存在としては警察がありますが、警察もすぐに助けてくれるとは限りません。

実際に犯罪被害にあえば話は別ですが、チャットレディという職業柄アダルト強要をされたからすぐに動いてくれるとは限りませんし、利用者からのストーカー被害にあったとしてもそれを確認するまでには時間がかかります。

結局の所、警察は本当に危険な目にあってからようやく動いてくれる存在であるため、それでは遅すぎるのです。

相談に乗ってくれるまではあっても、問題解決には程遠いことがあるので警察をあてにするのはやめましょう。

自衛の手段を知っておく

いざという時に誰も助けてくれないのであれば、最初から危険な目にあわないようにできるだけ慎重に行動をすることが重要となります。

自衛に努めておけばチャットレディはそれほど危険なものではありませんから、自分の力でできるだけ安全に働くことができるように、自衛の手段を知っておくことが鍵となるのです。

業者選びは慎重に

チャットレディとして安全に働きたいのであれば、最初は業者選びを慎重に行うことがポイントになります。

まず第一に悪徳業者に引っかからないことが大事で、会社としての信用や評判などを参考にして信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

多いトラブルとしてはアダルト強要がありますから、最初からアダルト設定がない業者を選んだりあるいは在宅での仕事で相手のテリトリーに踏み入れないものを選んでみる手もあります。

悪徳業者によるトラブルは事前にいくらでも回避することができますから、よく選ぶことが自衛のためには大事なことになります。

特定されるような発言は慎む

チャットレディの仕事がトラブルに繋がるのは、身バレによるものが多いので個人を特定されるような発言を慎むことが大事です。

何気なく発した一言で特定をされてしまうことは少なくないので、どのようなことから身バレにつながるかしっかり覚えておきましょう。

都道府県ぐらいであれば大丈夫だろうと思っていたら、その他の情報とつなぎ合わせてどこの誰か知られてしまうこともありますし、SNSやブログをやっているという発言から特定をされてしまうことがあるので、少しでも個人につながるようなことは避けるべきです。

周辺環境に気をつける

在宅でチャットレディをする場合に気をつけたいのが、周辺環境から住所を特定されてしまうことです。

昼間に仕事をするときにはカーテンを開けっ放しにすることもありますが、外の景色が映ったことで場所がわかってしまうことも可能性としては十分に考えられます。

ほとんどの人は気づくことは無いでしょうが、近所に特徴的な建物があればそこからある程度の居場所を推測することはできてしまうこともあります。

また、部屋の中に個人を特定できるようなものが落ちていたりすると、自ら個人情報をさらけ出してしまうことになるので、部屋の環境にも注意が必要です。

注目求人

総合人気ランキング

人気コラム